おまとめローンの返済期間はどれくらいが一般的?

どのようなローンにも言えることですが、基本的にリボ返済は避けたほうが無難でしょう。
毎月の支払いをできるだけ少なくしようとすれば、完済までの期間は比例するように長くなります。
短期間で返済をするためには、ある程度まとまった金額を設定する必要があります。
例えば月額1万円ずつ返すローンであっても、繰り上げ返済をすればお好きな金額で返すことができるでしょう。

おまとめローンを利用される方も、完済までの期間は短くするように工夫してください。
実質年率は日割りで利息が付与されるので、最初にいつまで完済するのか決めておく必要があります。
ただし、毎月の負担額がかなり大きくて厳しいようなら、期間を延ばして調整してください。

利息を抑えるためには、おまとめローンは1年以内に完済するのが理想ではあります。
おまとめローンを利用される方のほとんどは、キャッシングやカードローンを一本化しているのです。
これらのローンは短期の借入用であり、完済に1年を超えてかかるようなら借りすぎなのです。
本来はクレジットカードの一括払いのように、給料日に全額完済するような使い方が推奨されています。

おまとめローンの完済までの期間は、1年と3年では利息は3倍も変わってきます。
利息を抑えるのがおまとめローンの最大の目的なので、長期の借入はなるべく避けてください。
借入が増えすぎると必然的に完済まで長期化するので、借りすぎないことが何より大切となります。

みずほ銀行カードローンがおまとめローンとしておすすめの理由とは?はこちら