お金を借りるときに知っておくべき法律

お金を借りるときに必ず知っておかなければならない法律があります。その法律とは総量規制です。この法律では、年収の3分の1以上の借り入れが金融機関からある場合、それ以上お金を借りることを禁じています。ですので、これを破れば貸した金融機関側が罰せられるため以前よりも審査が厳しくなったと言えます。しかしながら、この法律には例外も存在します。それは銀行系のカードローン等です。銀行は総量規制の対象外となっています。つまり、カードローンに申し込みを行った人が他の金融機関から年収の3分の1以上の借り入れを行っていたとしても、銀行はさらにその人に対してお金を貸し付けることが可能なわけです。しかしながら、銀行からお金を借りる方法にはそれなりに厳しい審査を受けることになります。ある程度安定した収入がないと借金がない人でも審査で落とされてしまうことがあります。ですので、年収の3分の1以上の借り入れがある場合、法律的には銀行からさらにお金を借りる事は可能となっていますが、審査で落とされてしまうことがほとんどだと言えるでしょう。そもそも、年収の3分の1の借金と言えばかなりの負担となります。そこからさらにお金を借りる事は危険な行為であると言えるでしょう。銀行側としても、返済が滞りそうな人に対してお金を貸すわけにはいきませんから慎重に判断されます。銀行が総量規制の対象外と言う事は覚えておいて損は無いですが、簡単にお金が借りれるわけではないため注意が必要です。