Browse Author

Stuckey

お金を借りるときに知っておくべき法律

お金を借りるときに必ず知っておかなければならない法律があります。その法律とは総量規制です。この法律では、年収の3分の1以上の借り入れが金融機関からある場合、それ以上お金を借りることを禁じています。ですので、これを破れば貸した金融機関側が罰せられるため以前よりも審査が厳しくなったと言えます。しかしながら、この法律には例外も存在します。それは銀行系のカードローン等です。銀行は総量規制の対象外となっています。つまり、カードローンに申し込みを行った人が他の金融機関から年収の3分の1以上の借り入れを行っていたとしても、銀行はさらにその人に対してお金を貸し付けることが可能なわけです。しかしながら、銀行からお金を借りる方法にはそれなりに厳しい審査を受けることになります。ある程度安定した収入がないと借金がない人でも審査で落とされてしまうことがあります。ですので、年収の3分の1以上の借り入れがある場合、法律的には銀行からさらにお金を借りる事は可能となっていますが、審査で落とされてしまうことがほとんどだと言えるでしょう。そもそも、年収の3分の1の借金と言えばかなりの負担となります。そこからさらにお金を借りる事は危険な行為であると言えるでしょう。銀行側としても、返済が滞りそうな人に対してお金を貸すわけにはいきませんから慎重に判断されます。銀行が総量規制の対象外と言う事は覚えておいて損は無いですが、簡単にお金が借りれるわけではないため注意が必要です。

おまとめローンの返済期間はどれくらいが一般的?

どのようなローンにも言えることですが、基本的にリボ返済は避けたほうが無難でしょう。
毎月の支払いをできるだけ少なくしようとすれば、完済までの期間は比例するように長くなります。
短期間で返済をするためには、ある程度まとまった金額を設定する必要があります。
例えば月額1万円ずつ返すローンであっても、繰り上げ返済をすればお好きな金額で返すことができるでしょう。

おまとめローンを利用される方も、完済までの期間は短くするように工夫してください。
実質年率は日割りで利息が付与されるので、最初にいつまで完済するのか決めておく必要があります。
ただし、毎月の負担額がかなり大きくて厳しいようなら、期間を延ばして調整してください。

利息を抑えるためには、おまとめローンは1年以内に完済するのが理想ではあります。
おまとめローンを利用される方のほとんどは、キャッシングやカードローンを一本化しているのです。
これらのローンは短期の借入用であり、完済に1年を超えてかかるようなら借りすぎなのです。
本来はクレジットカードの一括払いのように、給料日に全額完済するような使い方が推奨されています。

おまとめローンの完済までの期間は、1年と3年では利息は3倍も変わってきます。
利息を抑えるのがおまとめローンの最大の目的なので、長期の借入はなるべく避けてください。
借入が増えすぎると必然的に完済まで長期化するので、借りすぎないことが何より大切となります。

みずほ銀行カードローンがおまとめローンとしておすすめの理由とは?はこちら

モビットと千葉銀行

千葉銀行は千葉県千葉市に本店を置く千葉県最大手の銀行で、横浜銀行に次ぐ第2の地方銀行です。
そのような大手銀行のカードローンを利用したいというかたも多く、多数の申込者があるのであえて危険を冒して貸出しをする必要もないので、消費者金融と比べると審査が通りにくいと考えられます。
千葉銀行のカードローンの審査に通る属性なら、モビットの審査も楽に通るといううわさがありますがこれはどういったところから出た話なんでしょうか。

実は、現在千葉銀行のカードローンの保証会社はエム・ユー信用保証会社が保証しています。
保証会社とは、仮に申込者が何かの事情で返済ができなくなったとき、申込者に代わって千葉銀行に一括返済をし、千葉銀行から債権譲渡を受けたあとその後の督促や連絡は保証会社から連絡が入るようになり、その後の返済は保証会社になります。

千葉銀行の保証会社として以前はモビットが保証会社になっていたので、そういったうわさが流れたかもしれません。
審査が厳しい銀行カードローンの審査が通るようであればモビットの審査も通る可能性は高いと言えます。
モビットは消費者金融でも人気が高く、年齢は20歳以上65歳以下の安定した収入のある方であれば、正社員やパート、アルバイト、個人事業主といった職業形態にかかわらず条件を満たせば簡単に申込ができます。
ただ、申込には審査があるので審査の結果によっては利用できないこともあるということを了承しておく必要があります。
モビット即日融資申し込み方法ポイントまとめ【条件・時間】はこちら

カードローンの最低借入額は1万円からなの?

カードローンを利用する上で最低借入額が何円単位なのかというのは意外と重要なポイントになります。例えば、ごく少額のお金を借入したいときに必要な金額以上のお金を引き出してしまっては、利息が必要以上に多く発生してしまうことになるためです。

カードローンには様々な種類があり、それぞれに最低借入額が決まっています。例えば、クレジットカードのカードローン枠を利用するときは1万円単位の借入れとなる場合が多く、たとえそのとき必要な金額が1000円だけだったとしても、1万円の借り入れをする必要があります。

銀行や消費者金融のカードローン借り換えでは最低借入額は大幅に小さくなります。銀行や消費者金融のカードローンではATMを利用する場合は1000円単位で借り入れできる場合が多いため、ごく少額の融資が必要という状況でも便利に利用できます。また一部のサービスでは銀行振込による融資の受け取りが利用できる場合もあり、サービスによって異なりますが1円単位で借り入れ金額を指定できます。

その他にも、銀行カードローンでは普通預金で残高が足りなくなった時に自動借り入れをしてくれるサービスもあります。例えば1万円の銀行引き落としが予定されている日に残高が5千円しかなかった場合に、5千円を自動的に借入れし引き落としに対応できるというものです。このようなサービスでは不足していた残高の金額分の借入れとなりますので1円単位の借入れが可能となります。

インターネットで24時間申し込み可能な消費者金融

最近では自動契約機だけでなく、パソコンやスマートフォンからインターネットを利用して24時間365日申し込みができる消費者金融の数が飛躍的に増えていて、私たちはお金が必要となった時に場所や時間に関係なくいつでも申し込みができるようになりました。
しかし便利になったとはいえ、すべての消費者金融が24時間受付に対応しているわけではありませんし、24時間受付に対応している消費者金融の中でも、各社にどのような違いがあり、どの会社を選べばよいのかわからないという人も多数いると考えられます。大手消費者金融の代表的な2社について、違いを見ていきましょう。

・アコム
アコムはパソコンやスマートフォン、携帯電話からいつでも申し込みができますし、即日キャッシングにも対応しています。同社のカードローンは実質年率が3.0%〜18.0%、最高融資額が800万円となっています。

・プロミス
同社のフリーキャッシングもWebからいつでも申し込みが可能な仕組みとなっています。実質年率は4.5%〜17.8%であり、最高融資額は500万円となっています。多くの消費者金融の実質年率は最も高いケースで18.0%となっているので、プロミスは実質年率を低く抑えて契約ができる点に優位性があります。

このように全国で利用できる大手会社でも当然のようにインターネットから24時間365日契約ができるという実情があり、これを利用しない手はありません。
ぜひうまく活用したいですね。
http://www.indianajonesgrandrex.com/